オルタナ この逸曲

Band Of Skulls

Low to behold

 

inter FM の BAM! でジョージ・ウィリアム氏が

この曲のフェードアウトでサラッと紹介したのですが、リスニング能力が低いぼくには

 

Band  Of   Skulls

Low   To   Behold  を

 

バンド  オブ  スコー

スロー トゥ ビフォー  ???

 

と聞き間違えたので、それを手がかりにこの曲を探し出すことには苦労しました。

さらに、たまたまその時間帯だけ inter FM(Music Search)のオンエアリストが抜け落ちていたという悪条件も今回の捜査の妨げとなりました。

ことロックに関しては嗅覚だけで気になる音をゲットしてきたこのオレ。

音を聴けば、見た目や雰囲気でだいたい当たるぅ〜 という自信が慢心となり、捜査は迷宮入りに。

それでも一度は バンド・オブ・スカルズ に辿り着いたのですが

Low to behold は YouTube にはアップされてなくて、別の曲は音的にも(見た目も)

想像とはあまりにもギャップがありすぎて、ああ、このバンドではないな…と

前のめりに判断してしまいました。

そんなこんなで2年という歳月が空しく過ぎてゆき、

最後の手段は知人に助けを乞うしかなく、お願いをしたところ

知人は快くOK、次の日には答えを出してくれました。いやー、簡単だなー。

 

というわけで、

右の写真はあくまでも当時描いていたバンドのイメージ。

多分こんなやつなんだろうなと、こんなやつぢゃないとこんな音は出せねぇ。

と勝手に想像していたところ

実際はレオン・ラッセルみたいだったので、一回気絶しました。

 

この Low to behold という曲、どこかで聴いたことがあるようで、

しかしこれが意外とないのです。

セミアコの歪んだダウン・ストロークやミュート、

フロアタムの裏拍が、寡黙なクールとダークなグルーヴを醸し出している。

目をひんむいて歌う ラウド系の、お子様用の耳ざわりなそこいらのエセバンド

ではないようです。

 

コメント: 0